Corel Painter Essentials

Corel Painter Essentials 4.3

表現力豊かなお絵描きが可能 高機能ペイント+画像編集ソフト

Corel Painter Essentials(コーレル ペインター エッセンシャルズ)は、イラスト・デジタルアート作成ソフトの最高峰といわれるCorel® Painter™ の基本的な機能を搭載した初心者に易しいペイントソフトです。特にペンタブレットというペン型の入力端末を使って描画する際に、線が綺麗に表現 されます。また、画像の補正・編集用メニューもあり、写真を味のある絵画風に変えることもできます。PCで本格的なイラスト作成を始めたい人にお勧めです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 特にペンタブレットを使用した際に線(筆圧)が綺麗に再現される
  • ブラシの種類が豊富で、自分で色を混ぜて色を作ることもできる
  • 画像の編集においても「自動ペインティング」などの独自機能がある

反対票

  • 画像の編集に関してはAdobe Photoshopにはかなわない
  • 自動ペインティングは時間がかかる

秀逸
9

Corel Painter Essentials(コーレル ペインター エッセンシャルズ)は、イラスト・デジタルアート作成ソフトの最高峰といわれるCorel® Painter™ の基本的な機能を搭載した初心者に易しいペイントソフトです。特にペンタブレットというペン型の入力端末を使って描画する際に、線が綺麗に表現 されます。また、画像の補正・編集用メニューもあり、写真を味のある絵画風に変えることもできます。PCで本格的なイラスト作成を始めたい人にお勧めです。

**********************************************************************

Corel Painter Essentialsのウィンドウには、中央にキャンバス画面があり、それを取り囲むように左にブラシやスポイトなどを選ぶツールボックス、上にメニュー、右に色/レイヤー選択用のパレットがあります。「新規作成」メニューで空白のキャンバスを作成したら、ブラシツールをクリックしてブラシの種類を選び、キャンバス上に線を引いていきましょう。慣れるにつれ、段々線を綺麗に描けるようになります。ブラシの種類は95種類あり、色はパレット内から選択するか自分で色を混ぜて作成することができます。

写真を編集するには、画面右上のタブで「フォトペイント」を選択し、写真編集用のパレットを開きます。ここでは、写真上に自由に描画できるほか、元の写真を見ながら明度・彩度を調節したり、テクスチャなどを変更できます。変更を適用するには「自動ペインティング」の再生開始ボタンをクリックします。少しずつ、まるで人が手作業でペイントしているかのように効果が現れるので、良いと思ったタイミングで停止します。オリジナリティのある画像を作れますが、多少時間が掛かります。

Corel Painter Essentialsは、Corel® Painter™が対応している動画作成や作業領域のカスタマイズには対応していません。ブラシの数も約100種と類少なく(Corel® Painter™は833種類)、ブラシの詳細コントロールもできません。また、写真/画像編集についてはAdobe Photoshopの方がメニューも豊富で、かつ多くの印刷会社などではPhotoshopがスタンダードとされており話が通じやすいようです。Painterシリーズで描画し、Photoshopで編集するというように使い分けるという選択肢もあるでしょう。

Corel Painter Essentialsは、特にブラシを用いた描線において強みを発揮するペイントソフトです。なお、当然ながらマウスを使って線を引いても筆圧は認識されないので、是非ともペンタブレットを使用してください。

Corel Painter Essentialsは以下の形式に対応しています

保存形式: RIFF/TIFF/PCT/PSD/BMP/GIF/JPEG *PNGには非対応
Corel Painter Essentials

ダウンロード

Corel Painter Essentials 4.3